アーカイブ: 2022年7月5日

オンラインカジノの還元率は業界No.1!還元率(ペイアウト率)の秘密に迫る

オンラインカジノの還元率は業界No.1!還元率(ペイアウト率)の秘密に迫る

オンラインカジノの還元率はギャンブル業界No.1!その秘密を知ろう

オンラインカジノの還元率はなんと驚異の約97%とかなり高い数字になります。この数字は他のギャンブル等と比べても圧倒的な数字であり、真似することはできないでしょう。

この記事では、オンラインカジノの還元率の高さを元に他のギャンブルと比較し、なぜこんなにも還元率が高いのかを紹介していきます。後半には、ペイアウト率が特に高いゲームを紹介いたしますので、ギャンブルでしっかりと勝ちたいという方はぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

そもそもギャンブル業界における還元率(ペイアウト率)とは?

ギャンブル業界における還元率(ペイアウト率)とは?

「還元率(ペイアウト率)ってなに?」

「聞いたことはあるけどどういう意味?」

という人も多いかもしれません。還元率とは、ギャンブルを行う上で知っておいて欲しい用語の一つです。オンラインカジノだけではなく、パチンコや競馬、競艇、競輪そして宝くじなどでも使われております。

ある賭けにたいしていくら払い戻されるかの割合を還元率(かんげんりつ)と呼ぶことがある。

引用元:Wikipedia | 控除率

ペイアウト率とも言われるこの言葉は、ギャンブルの運営元に払う勝ち金の割合のことを指しています。

全てのギャンブルにおいて運営元が破綻しないようにプレイヤーの掛け金からハウスエッジを引いてからプレイヤーに勝ち金が支払われる仕組みになっています。

例えば、1〜36と0が一つあるルーレットを例にたとえてみます。

ルーレットで赤に10ドル賭け、あった場合、貰えるのは20ドルになります。

ここだけ見ると、「あれ?手数料(ハウスエッジ)引かれてなくない?」となりがちですが、実は緑の「0」の分が手数料になるので既に2.7 %の手数料が賭けに参加しただけで引かれていることになるのです。

つまりこのルーレットのペイアウト率は97.3%になるというわけです。

ルーレットで1万円かけた場合、9730円がプレイヤーに還元されるという仕組みになります。

ギャンブルで還元率が高いとどうなるの?

結論から言うと、還元率が高ければ高いほど「勝ちやすくなる」のです。先ほどのルーレットの例では、1万円のベットに対し、9730円が還元されます。

このペイアウト率は全てのプレイヤーに対する還元率の割合になっているため、100万円負ける人もいれば100万円勝つ人がいて、ペイアウト率が高いほどこの勝つ人が多いという仕組みになっているのです。

オンラインカジノの還元率はパチンコや競馬と比べるとこんなにも違う

オンラインカジノの還元率97%は驚異的な還元率です。わかりやすく他のギャンブルと比べてみます。

還元率
オンラインカジノ 約97%
パチンコ 約80%
競馬 約70%
宝くじ 約40%

となります。

一覧にしてみるとオンラインカジノの還元率の高さがよくわかりますね。

オンラインカジノは1万円に対し9700円がプレイヤーに還元され、パチンコは8000円、競馬は7000円、宝くじは4000円という風に見ることができます。

【高い還元率?】ランドカジノよりオンラインカジノの方が勝ちやすい?

オンラインカジノはその名の通りネットがある環境であれば24時間365日どこでもプレイすることができます。ランドカジノと呼ばれるラスベガスやマカオにあるいわゆる体験型の本当のカジノでは還元率が違うのです。

ブラックジャックやバカラといったテーブルゲームではほとんどの場合において還元率は変わらないのですが、スロットなどに大きな違いがあります。

ランドカジノのスロットには人件費や土地代、修繕費など様々な経費が還元率に加えられるため、オンラインカジノより低くなるとされています。

また、一説によるとランドカジノのスロットのペイアウト率は75%以下と言われており、オンラインカジノのスロットの平均96%を大きく下回るため、オンラインカジノの方が勝ちやすいのです。

そして、オンラインカジノは小さな軍資金でも十分に遊べます。

オンラインカジノの還元率はなぜこんなにも高いの?

オンラインカジノの還元率が高い理由

オンラインカジノの還元率が高い最大の理由は「実店舗を持たないから」です。ランドカジノや競馬、パチンコなどは実際に店舗があり、それにかかる予算の土地代、人件費、マシン代など様々な経費がかかりますが、オンラインでは実際にはほとんど必要ありません。

そのため、経費をかなり抑えることができその一部をプレイヤーに還元することができるのがオンラインカジノの強みなのです。

還元率が100%を超えないと勝てないのでは?

さて、これまで還元率の話をしてきましたが「じゃあ、還元率が100%を超えないと勝つことはできないのでは?」と思った人もいるかと思います。

まず、ギャンブルにおいて還元率が100%を超えることはあり得ません。理由はカジノ側が利益を取れないためです。

そしてこの還元率が100%を超えなくても勝つことはできます。

参加したプレイヤー全員から徴収し、残りをプレイヤーで奪い合うイメージが分かりやすいかもしれません。

例えば100人のプレイヤーが100ドルずつ掛けた結果、カジノ側には必ず3%の手数料つまり30ドルが入ります。残りの9970ドルをプレイヤーで分配している感じですね。

「1000ドル勝つ人もいれば、掛けた分がなくなる人もいる」

という風にできていますので、還元率が100%を超えなくても勝つことができるのです。

オンラインカジノの還元率が高いゲームの種類とは?

オンラインカジノの還元率が高いゲームの種類

ここまではオンラインカジノ全般で還元率が高いというお話をしてきました。しかしながら、その還元率はゲームの種類によって異なってきますので注意が必要です。

最大99.5%の還元率!ライブカジノ

いわゆる生中継で本当のカードやサイコロなどを使って人がプレイするライブ型のカジノです。ランドカジノとほとんど遜色がないくらいによく出来ており、ブラックジャックは実際に自分がプレイする視点で操作することができるため、臨場感を味わうことができます。

今回紹介するライブカジノはこの2つです。テーブルゲームといえばまずこの2つが出てくるくらい有名ですが、高い還元率を誇ります。

ブラックジャック

自分の腕がある程度重要になってくるこのブラックジャックは自分の選択の介入が必要なゲームです。還元率は最大99.5%にもなります。

トランプを使い、21を目指していくゲームで、ディーラーvsプレイヤーで行われ、21に近い方が勝ちとなるゲームです。

テーブルゲームで最も人気があり、カジノ側からすると最も利益が出ないゲームでもあります。

バカラ

最近人気がより高まっているのがこのバカラというゲームです。ペイアウト率は99.0%と高いです。

ディーラーとプレイヤーのどちらかにベットし、「9」に近い方が勝ちのゲームになります。技術介入の要素はありませんが、カードをめくる際のハラハラ感は癖になる人が続出です。

9点が一番強く、それ以降8点、7点、と続き、0点が一番弱い点数となる。

引用元:Wikipedia | バカラ (トランプゲーム)

最大99.32%の還元率!スロットゲーム

ランドカジノのスロットとは違い、オンラインカジノのスロットは還元率が高いものが多く存在しています。また、スロットごとの還元率もネットで公表してありますので、それをみながらプレイするのもいいですね。

ここでは、還元率の特に高いスロットゲームを3つ紹介いたします!

Goblin’s Cave

還元率99.32%と現在あるスロットゲームの中でもっと高いのがこのスロットです。かなり古いスロットマシンで演出もかなり淡白なのですが、還元率の高さから様々なオンラインカジノサイトでも人気があります。

Ocean Princess

シンプルなスロットですが、還元率99.1%と非常に高いスロットです。こちらも少し前のスロットマシンのため、好みがはっきりと分かれますね。とはいえ長い目で見るのであれば勝ちやすいのでオススメです!

Ugga Bugga

還元率99.07%がウリのこのマシンですが、オーシャン・プリンセスと似たようなスロットです。頻繁に高配当があり、当たりやすいのが人気の要因の一つです。

ブラックジャックなら還元率100%以上も可能!

ブラックジャックなら還元率100%以上も可能

先ほど、「ギャンブルにおいて還元率100%以上のものはない」と言いましたが、実は一つだけ例外があります。それはブラックジャックにおいてのみ使用できる攻略方法の一つです。

テーブルゲームの中で最も人気が高いブラックジャックは、2つの戦術を用いれば還元率100%以上、つまり計算上やればやるほどプラスになる方法があるのです。

それが、

・ベーシックストラテジー

・カードカウンティング

の2つです。ベーシックストラテジーはブラックジャックにおける完全なる戦略であり、通常プレイした時の期待値が最大になるように作られたものです。ブラックジャックはプレイヤーの技術介入要素があるため、

「ディーラーがこの数字だったらカードを追加する/しない」といった選択などをすべて網羅したものがこのストラテジーと呼ばれるものです。このストラテジー通りプレイすると、ペイアウト率は99.5%になります。

それに加え、このカードカウンティングと呼ばれるものを加えるとペイアウト率は最大105%程度になると言われています。

今まできたカードの種類を数え、まだ配られていないカードの中身を予測し、それに応じてベッティングの額を変えていく、これがカードカウンティングの方法です。詳しくはここでは説明しませんが、このような方法もあるということです。

ちなみにランドカジノでは、ベーシックストラテジーは使うことができますが、カードカウンティングはできないよう対策されていることもあり、カウンティングを行うと出禁になるケースがあるので注意が必要です。

オンラインカジノではカードカウンティングができ、現在では禁止になっていないのでやることができます。しかし将来的には禁止になる可能性が十分にありますので今のうちかもしれませんね。

還元率が低いスロットでもジャックポットが大きいゲームも

高額配当のスロット

さて、先ほどはペイアウト率が高いスロットゲームを紹介していきましたが、実は「還元率が低い=悪いスロット」というわけではありません。

(低いといってもほとんど97%以上あるため、かなり高い部類ですが・・・)

昨今では、ペイアウト率が多少低くても演出が面白く、高額配当が期待できるマシンが人気です。1ドルが2000倍や3000倍になることもザラで、1回の当たりで10億円以上当たった人もいるのです。

安いものだと0.01ドルくらいからベットすることができるマシンもあるため、自分にあったスロットを見つけてみてみるのもオンラインカジノの楽しみ方の1つですね。

まずはオンラインカジノで入金ボーナスを使ってやってみよう!

オンラインカジノの入金ボーナス

ほとんどのオンラインカジノでは、入金ボーナスがあります。50ドル入金したら100ドルのボーナスがついて、150ドル分遊べたり、会員登録するだけで20ドル貰えたりと様々です。

2022年には日本にもカジノが建設されるということもあり、日本でもオンラインカジノのブームが少しずつ広がり始めています。日本語に対応しているオンラインカジノもかなり増えているため、お気軽に手が出しやすくなっていますね。

オススメのオンラインカジノは?

オンラインカジノは今や200以上あるとされています。今、初心者が始めるに当たってオススメのカジノは、「ベラジョンカジノ」です。日本国内でNo.1の人気があり、老舗のオンラインカジノです。日本語サポートも万全で、サイトもみやすく、スマートフォン対応、出金もスピーディーとかなりオススメです。

入金しなくても登録すれば30ドルもらえるボーナスもありますのでぜひ登録してみてはいかがでしょうか!

初心者にオススメのゲームとは?

「オンラインカジノに登録したけど何をやればいいかわからない!」という人にはまずスロットをやってみることをオススメします!低額から遊ぶことができ、なんとなく遊んでいるうちにわかってくるのがスロットの面白いところでもありますからね!その中でも筆者がお勧めするのは、「ハワイアン・ドリーム」というスロットです。

特徴としては、

・分かりやすい

・テンポが早い

・当たりが揃いやすい

・パチスロに似ている(ハナハナみたいな感じ)

・連チャン性能が高い

こんな感じです。なじみやすいスロットのようなイメージですね。とはいえ、連チャン性能は非常に高くベット額の200倍や300倍はザラに出ます・・・。

慣れてきたらテーブルゲームのバカラで遊ぶのもオススメです!ルールが非常にシンプルで、カードの動きに熱くなれますよ。

【まとめ】ギャンブルをやるなら圧倒的にオンラインカジノがオススメ

ギャンブルをやるなら圧倒的にオンラインカジノがオススメ

ここまでご覧いただきありがとうございました。この記事では、オンラインカジノの還元率の高さを紹介してきました。スロットや競馬、宝くじと比べてもその還元率の高さは群を抜いていることがわかったかと思います。

プレイすればするほどその差はかなり顕著にでてくるため、スロットやパチンコで全く勝てない人がオンラインカジノで勝つこともできるのです。

場所や時間を問わず、かつ、低額からお手軽にできるのがオンラインカジノの強みでもあり、空き時間にスマホ1台でできるのも嬉しいですね。ぜひこの機会にオンラインカジノデビューしてみてはいかがでしょうか。

オンラインカジノで稼ぐ!おすすめの理論上で勝てる攻略法

オンラインカジノで稼ぐ!おすすめの理論上で勝てる攻略法

オンラインカジノで稼ぐ!おすすめの理論上で勝てる攻略法

私たちは老後の資金として2000万円を60歳くらいまでには稼がないといけません。が、しかしながら現実をみたら日々の仕事で一杯一杯となり副業をするにも時間や体力的に問題があるということがあります。

私の住んでいる地方では月に20万円を稼げればいい方で、日本が裕福であるなんていつの時代の話だったのかな。と思わざるをえません。

オンラインカジノはれっきとしたギャンブルで、ヒエラルキー的にはFX勢や仮想通貨勢から馬鹿にされることが多いですが、リーマンショックのナイアガラを見てきた私の個人的な見解としてはそれらのものはいくら稼げるからといっても”投資”とは言えないように思います。

資金がある程度必要という面で見ても、一朝一夕ではチャートを読む技術がつかないという面で見てもあまりおすすめはできません。

資産運用のまとまった資金もない。かといって副業に充てる時間もない。

そんな人にはオンラインカジノをおすすめします。自分もまだまだ修行の身である段階ですが、スロットさえ抜きに考えればこれまでの収支は確実にプラスになっていると自信を持って言うことができます。

実際にオンラインカジノをプレイしてきて、稼いでいくためのポイントをまとめました。

話の前提として『稼ぐ』を明確化する必要がある

話の前提として『稼ぐ』を明確化する必要がある

まず、自分がどれほどのお金を稼ぎたいのかを具体的にする必要があるのではないでしょうか。月々の収入と同程度稼ぎたいとかいうのであれば、それは軍資金をどれだけ用意できるかにもよりますが現実を見ようね。という話となってしまいます。

投資で年利20%は超優秀な投資先となる!ではオンラインカジノは?

投資で年利20%は超優秀な投資先となる!ではオンラインカジノは?

軍資金が3倍になった!やったぜ!( ´ ▽ ` )または、負けてオケラになってしまった(´;ω;`)

そんなふうに一喜一憂していませんか?金持ちたちの世界では年利20%の投資案件だったら詐欺を疑い10%の案件だったら誰しもがやりたがるというレベルらしいです。

一日で+1300%⇒-100%と3000円の入金不要ボーナスを40万円にして全部溶かしてしまった身としては何を言っているのかちょっと理解できませんね。

2000万円や3000万円をお持ちの資産家でしたら確かに年利が10%あれば私たちが1年をかけて稼ぐ金額をなにもせずに不労所得を得るということになります。

考え方からして目先の利益しか考えない庶民的な私たちとは違うということなのでしょうか。

テーブルゲームで日に5%くらいの利益であれば十分に可能

テーブルゲームで日に5%くらいの利益であれば十分に可能

金持ちはまずやらないであろうオンラインカジノで見返してやりたいと思いませんか?

一日で10%。いや5%でもいいので3万円を増やしていくことができれば30日後どうなっているでしょうか?

複利運用

なんと十万円近くにも利益を上げることが可能なのです。いかがですか?損切りを挟む日などを考慮しても十分に生活の助けになりませんか?

FXなどは相場が動かないとどうしようもなく、反対方向に行ってしまえば時間が無駄になることもあると思います。オンラインカジノは短時間で結果がでるので効率的でもあります。

辛抱は必要ですが、年利20%などと悠長なことを言わずに趣味に使う3万円を回せば『稼ぐ』ことができます!

本当に稼ぎたいのであればスロットはたまにやる程度に留めておくべき

本当に稼ぎたいのであればスロットはたまにやる程度に留めておくべき

スロットで大きな利益を出してしまうとその勝ちが忘れられずに何度も回してしまうのですが、あなたはこんな話を聞いたことがありませんか?

とある実験でサルに対してボタンを押せば餌がでるような仕掛けを施し、徐々に餌が出る頻度を減らしていったところ実験のサルは最終的にボタンを延々と押すように。。。

これはスマホのSNSなどの通知は脳の快楽物質を分泌させるという話の引き合いによくだされる話ですが、いかがでしょうか。スロットを回している自分とダブりませんか?

カジノは私たちに夢とたまに勝利とほとんどの場合は絶望を与えてくれますが、わかっていても抗えないくらい脳の報酬系をコントロールすることが上手いです。

自分も依存症気味なのでなんとかせねばと思っているのですが、なかなか離れることができません。スロットを回すことで稼げるのであれば問題ありませんが、多くの場合は資金を減らしてしまうこととなります。

もしあなたが初心者でオンラインカジノを始めてみたいのであれば、スロットがいくら稼げるからと言われても危うきには近寄らずでやらない方が無難です。ドーパミンに支配されたサルになりたいのであればあれば、止めはしませんが。

自分がよく使うまたは有効だと思うシステムベット・攻略法

自分がよく使うまたは有効だと思うシステムベット・攻略法

システムベット法 少ない資金で安定した勝ちを目指していくには運も必要ですが、いくらかのベット方法の技量もいることになる為難しい。
マーチンゲール法 理論上は資金が無限にあれば負けることはないと言えるまさに必勝法
1326法(バーネット法) 賭ける単位が最初と次の1、3と連続で勝利することができれば利益を出すことが出来る攻略法
ベネフィット・イン・スロット法 テーブルゲームで出した利益でスロットを回して大きな配当を狙っていこうという考え方>
攻略法の条件として
  • 複雑ではない
  • 使っていて疲れない
  • 効果が実感できる

ということが必要ではないかと思います。

そのため、モンテカルロ法はかなり複雑なのでダメ。31システムベット法もベット単位を上げると計算する必要が出てくるので疲れる。

などなど、消去法でいくと使える手法はかなり限られてくるわけですが自分はシステムベット法はそれほど重要ではないと思っています。

システムベット法はそれほど重要ではない?

システムベット法はそれほど重要ではない?

例えば50ドルを稼ぎたいのであれば100ドル入金では心もとないですね。何らかのシステムベットが必要そうです。

入金額が5000ドルだったらどうでしょうか。強気なベットが可能になり一回の勝負で決着を着けるということも可能そうです。

このように資金力にものを言わせたプレイの方が効率的で負担も少ないのです。

付け焼刃の方法論に走るよりかは5万円を用意し、割のいいオファーを使用して負けた時のセカンドチャンスを確保しておき、1時間のギャンブルで3000円ほどの利益を目指すということの方が健康的で賢いと言えます。

しかしながら、5万円はなかなかの大金です。額を落とした3万円でも用意するのは骨が折れます。

少ない資金で安定した勝ちを目指していくには運も必要ですが、いくらかのベット方法の技量もいることに。

なので10万円以下の資金であるならば技量を磨いていただき、それ以上であれば自制などのメンタルに重視を置いていただければ良いのではと思います。

実践的で簡単な私が使用する攻略法を紹介します。

マーチンゲール法

マーチンゲール法

賭ける1単位を最初に決めて負けたらその2倍を賭けていき、勝つまでそれを続けるというギャンブラーでなくとも一度は聞いたことのある必勝法ではないでしょうか。

まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。

引用元:Wikipedia | ベッティングシステム

理論上は資金が無限にあれば負けることはないと言えるまさに必勝法です。

普段はあまり使いませんが、自分はこの方法を”必ず”3回か4回までという損切りを決めて実行しています。

この方法は損切りを事前に決めておかないとかなり危険です。また、普段からこれを常用することはいくら必勝法といえども穴があるのでおすすめしません。さきほど3回か4回と損切りを決めて行っていると書いたのはわけがあります。

例:

回数 1 2 3 4 5 6 7
賭ける額 1 2 4 8 16 32 64
負けた額 1 3 7 15 31 63 125
確率 50% 25% 12.5% 7.25% 3.63% 1.56% 0.78%

説明の必要はあまりないかもしれませんが、バカラ、ブラックジャックなどの2倍配当のゲームで使用してください。

自分の場合、資金の2%から3%を1ユニットと設定することが多いです。今回は便宜上、1ドルを一単位としますが仮に、100ドルを持っていて2ドルからマーチンを始めた場合5連敗してしまうと62ドルも負けてしまうことに。

これを取り返そうと思うとかなり無理をしないといけません。4連敗でも痛いことには変わりはありませんが、なんとか平常心でいることが可能です。

5連敗する確率は3.63%ですが、5連敗した次のゲームで勝てる確率はほぼ50%です。いくらマーチンゲール法が机上の上では必勝法でも、プレイヤーの資金には限界があり実際に負ける度に使用しているようでは必ず破産します。

有効な方法なのでするなとはいいませんが、資金がショートする一歩手前で勝つことができても果たしてそれは勝ったと言えるのでしょうか?

参考までに1000回プレイして500回ほど負けることがあれば自分はそのうちマーチンゲール法を使用するのは4、5セットだと思います。そこで全て勝ち越しができるようであればプラスへと持っていきやすくなるでしょう。

マーチンゲール法で破産することのないように用量、用法に注意してください。

1326法(バーネット法)

1326法(バーネット法)

よく、攻略法をガチガチに守らないといけないと思っている方もいらっしゃいますがギャンブルは結果が全て。

手法がどうのこうのよりも稼げているのであればフラットベットでもなんでも良いのです。

なぜこのような前置きを書いたのかというと、この考え方を参考にこのバーネット法を実践しているからです。

バーネット法は賭ける単位が最初と次の1、3と連続で勝利することができれば利益を出すことが出来る攻略法になります。

1・3と続いて2も連勝することができればそこで辞めても全然いいし、続けて6を賭けても良いのです。負けた場合でも1の利益は確保が可能。

4連勝があるのは7.25%ですので、それほど高い数字ではないしにろ低い数字でもないと言えます。ツラが伸びていくようであれば6以上の賭けを強気にベットしていくというのもアリだと思います。

ベネフィット・イン・スロット法

ベネフィット・イン・スロット法

テーブルゲームで出した利益でスロットを回して大きな配当を狙っていこうという考え方です。この名前は適切なものが調べても出てこなかったので自分で考えてみたのですが、流行らせたいので是非使ってみてください。

テーブルゲームの1ユニットの賭けを資金があまりないために上げることができないという人におすすめ。

ローボラティリティのスロット台を打つのではなく、負ければまた、テーブルゲームで挽回すれば良いのでミドルからハイボラティリティの台で一発を狙ってみてはいかがでしょうか。

これだけの攻略法で勝てるの?

これだけの攻略法で勝てるの?

これだけでは多分厳しいというのが私の持論です。システムベットのみを使用して勝っていくということは相当運が良くないとまず不可能だと思ってください。

1日1セットのギャンブルを行う間隔でしたら、目標額にもよるでしょうが2~3日に一回の確率で損切りが必要になり負けると思っていただいたほうが、無難だと思います。

これを結構負けていると思うのか、それだけ勝てているの?と思うのかはあなた次第。

また方法論だけでなく資金管理も重要ではないでしょうか。

損切りは一定額として、利益確定は割合で考えるなども有効なテクニックだと思います。

稼いでいきたいのであれば本業を頑張り、長いスパンで物事を考えよう

稼いでいきたいのであれば本業を頑張り、長いスパンで物事を考えよう

労働者と資産家であれば資産家の方がいいに決まっています。この日本は資本主義ですので、いくら金を持っていない貧乏人がお金で人生は決まらないと威勢を張っても経験したことがないのだから虚しく映るだけではないでしょうか。

実際のところ、資本主義には見えない階級があり貧困は子供に受け継がれていきます。

中流階級で幸せに暮らしているというのであれば、まだいいですが貧困層であるならば景気が上向くことなんてありえませんので絶対に今のうちから行動を起こした方が良いと忠告しておきます。

なにもしないことが最大のリスクです。少しのリスクをとることで今の状態を抜け出せることができるならば私は喜んで行動を起こしたり、恥をかいたり、お金を失うことを選びます。

そのためにまずは本業でお金を作り、複数の収入経路を作り、賢くなることを目標としてみてはいかがでしょうか。

オンラインカジノを通してお金はお金を産むということを実感していただきたいです。

まとめ

オンラインカジノで稼ぐ!おすすめの理論上で勝てる攻略法まとめ

  • システムベットよりも軍資金にものを言わせたプレイの方がいい
  • マーチンゲール法は有効で理論上は最強の必勝法だが、常用するのは厳禁
  • 3回、または4回までのマーチンゲールがおすすめ
  • 5%の複利で運用すると3万円を1ヶ月で10万円にできる

初心者がいきなり勝てるような方法はないように思います。いくらマニュアルだったりテンプレを用意しても資金管理の感覚は一朝一夕では掴めないためです。

方法論にこだわるのは危険だということも、よく理解しておきましょう。この記事がたまには違った視点で物事を考えるきっかけとなっていただけると幸いです。

しかしながら、負けたくないという気持ちは大切にしてください。その気持ちが行動を起こす原動力となるはずです。

以上で、オンラインカジノで稼ぐの記事を終わります。

最後までご覧いただきありがとうございました。