ボンズカジノのイカサマ疑惑を徹底解説|回収モードや詐欺はある?

5月 19, 2022 カジノゲーム

これからボンズカジノを利用しようと思う方はボンズカジノにイカサマがないか不安に思うことでしょう。そこで本記事ではボンズカジノのイカサマ疑惑について、回収モードや詐欺があるのか徹底的に解説していきます。

ボンズカジノでイカサマはなし!安全にプレイできる5つの理由!

イカサマの心配がないボンズカジノ

*登録後にコード入力【hunter】

結論から言えばボンズカジノでイカサマが起こる心配はありません。実際にボンズカジノにイカサマがないと言える理由は以下の5点が挙げられます。

ボンズカジノが安全な理由

それぞれの理由について詳しい内容をチェックしてみましょう。

ゲームはRNGというプログラムによってのみ作動し、遠隔操作はできない

ボンズカジノのゲームはライブゲームを除いてRNGというプログラムにより作動しています。RNGはRandom Number Generatorの頭文字を取った言葉で、日本語では「乱数発生装置」と訳せます。

すべての動作はRNGによって規定されており、運営側や開発者が遠隔操作により結果をコントロールすることはできません。ボンズカジノのゲームをプレイした際は、勝った時も負けた時もすべてはRNGが正常に作動した結果と言えます。

そもそもゲームを開発しているのはボンズカジノとは別組織のゲームプロバイダ

そもそもゲームを開発しているのはボンズカジノではなく、NetEntやPragmatic Playなど「ゲームプロバイダ」と呼ばれる組織です。

ボンズカジノのゲームを開発しているゲームプロバイダ

各ゲームプロバイダが開発したゲームは、不正な動作がないことを厳しくチェックされます。そして無事に審査をクリアしたゲームだけが、各オンラインカジノでリリースされるというものです。

ボンズカジノはゲームの開発に関わっていない以上、「ボンズカジノがイカサマをする」ということはあり得ません。仮にイカサマが起こるとしても、ボンズカジノではなくプロバイダ側の責任となります。

実際にボンズカジノで稼いでいるプレイヤーもいる

ボンズカジノにイカサマがないことの根拠として、実際にボンズカジノで大きく稼いでいるプレイヤーが存在するという点も挙げられます。掲示板サイトやTwitterなどから、勝利者の口コミを確認できるはずです。

仮にボンズカジノでイカサマがあるとすれば、そもそも稼げるプレイヤーがいるはずもありません。

「勝利報告を投稿しているのは運営内部の人間では?」との声もありますが、筆者自身も過去には多少ボンズカジノで稼げていた時期もあるため、投稿者は一般のユーザーのはずです。

Play’n GOスロットの還元率は最高設定!悪質な確率操作もなし!

オンラインカジノによってはPlay’n GOのスロットの還元率がかなり低く設定されていることもあります。しかしボンズカジノの『Moon Princess』について調べてみると、最高RTPである96.50%に設定されていることを確認できました。

ボンズカジノの『Moon Princess』

*登録後にコード入力【hunter】

『Moon Princess』の還元率はギャンボラで94.50%、ラッキーニッキーで91.49%など、オンラインカジノによっては非常に低い設定になっていることもあります。

しかしボンズカジノはベラジョンカジノなどと同じ最高RTP設定になっているため、イカサマの心配をするおりも、むしろ他のオンラインカジノに比べて勝ちやすいとすら言えるでしょう。

ただしRTPは今後変更される可能性もあります。不安な方はプレイ前に毎回チェックしておくのがおすすめです。

仮にイカサマや詐欺があるならとっくにボンズカジノは閉鎖しているはず

仮にボンズカジノでイカサマや詐欺行為などがある場合、ライセンスを剥奪されます。

ボンズカジノが取得しているライセンス

ライセンスは合法的にオンラインカジノを運営するための必須事項なので、仮にライセンス剥奪となれば、ボンズカジノは違法なオンラインカジノになるということです。

違法な運営をしているオンラインカジノには、当然ユーザーも集まりません。ユーザーが少なくなれば収益も減少し、やがてボンズカジノは廃業・閉鎖に追い込まれるでしょう。

短期的に見ればユーザーから資金を巻き上げられるというメリットもあるものの、長期的に見ればボンズカジノの運営にとってもイカサマを働くことにはデメリットばかりです。

ボンズカジノでイカサマや回収モードがあると感じる原因&解決策

実際にボンズカジノでカジノゲームをプレイしていると、「これはイカサマ?」「回収モードが発動しているよね・・・」などと感じる場面は多々あるでしょう。

具体的にどのような原因でイカサマを疑いたくなるのか、またその原因に応じた解決策について、詳しく解説します。

イカサマがあると感じる原因

原因①ボラティリティが高いスロットでプレイしている

ボラティリティが高いスロットは、当たれば一撃で大きな配当を得られるのが特徴です。反面配当的中率自体は低いというデメリットもあります。

つまりボラティリティが高いスロットをプレイしていれば、全然配当が的中しないために、ボンズカジノの「回収モードでは?」と感じやすいということです。

解決策:ボラティリティが低いスロットを打てば配当の獲得確率は高くなる

ボラティリティが低いスロットをプレイすると、大きな配当こそ得にくくなるものの、配当はこまめに出るようになります。頻繁に勝利できれば、「回収モードでは?」と疑う気持ちも晴れるはずです。

ボンズカジノには「ボラティリティフィルタ」というスロット検索機能もあるので、有効に活用すると良いでしょう。

ボンズカジノの「ボラティリティフィルタ」

メーターを左端に設定しておくと、ボラティリティが低い順にスロットを並び替えることができます。ただしボラティリティが低いスロットは、「一撃で大きく勝ちたい」というプレイヤーには不向きであるという点には注意が必要です。

原因②そもそも的中率が低い賭け式に賭けている

ルーレットのストレートアップやバカラのサイドベットなど、的中率が低い賭け式で賭けていると、当然負けが続きます。

例えばルーレットのストレートアップなら、理論上の的中率は3%弱しかありません。つまり100回プレイして3回的中するか否かというレベルです。

的中率が低い賭け式は当たれば一気に高額配当を狙えるというメリットもあるものの、ボンズカジノのイカサマを疑いたくなるレベルで負ける可能性の方が高いということはしっかりと理解しておかなければなりません。

解決策:2倍、3倍など配当倍率が低い賭け式ならコツコツ勝てる

配当倍率が低い賭け式でベットすれば、2回に1回、3回に1回などといった高い頻度で配当を得ることができます。例えば以下のような賭け式がおすすめです。

ゲーム賭け方配当
ルーレットイーブンベット2倍
ルーレットカラムベット・ダズンベット3倍
バカラPLAYER2倍
バカラBANKER1.95倍
ブラックジャック2倍

ただしこまめに勝てる分、一気に大きく稼ぐのは難しいという点には注意が必要です。

原因③本当は勝っているのに高望みしすぎて大負けしている

ボンズカジノでイカサマを感じてしまう原因としては、実は勝っているのに高望みしすぎた結果、大きく資金を失うというパターンもあります。実際にボンズカジノでプレイしてみると、意外とすんなり利益を出せるはずです。

そこで満足できるプレイヤーは少なく、多くの場合「もっと稼ぎたい」と高望みします。ギャンブル中にはドーパミンが大量に分泌されるため、どうしてもより多くの利益を追求してしまうのです。

しかし当然勝ち続けることは不可能なので、どこかで負けるタイミングが訪れます。資金を失うと「何とかして取り戻さなければ」という損失回避の心理が働き、どんどん無謀なベットをした結果、多くの資金を失ってしまうというのがよくあるオチです。

解決策:目標利益を決めて達成したら出金する

ギャンブル中は脳の性質上、勝てば勝つほど勝ちたくなります。そしてより勝ちを求めた結果大負けするのが通例なので、予め目標の利益額を決めておき、達成した時点で強制的に終了するのがおすすめです。

単にゲームを止めるだけではなく全資金を出金しておけば、資金を失う心配はなくなります。

原因④スロットで大勝ちした時点でプレイをやめない

スロットをプレイして数百倍、数千倍の配当を得た後にそのままプレイを続けるのもボンズカジノの回収モードを疑いたくなる原因です。一度に大きく勝つのはごく稀であり、基本的にスロットは負けが先行します。

したがってスロットで大勝ちした後にプレイし続けると、ほぼ100%の確率で資金が減少します。大きく勝った後に「さらに勝ちたい」という気持ちは十分に理解できますが、強欲になりすぎるのは危険です。

解決策:数百倍以上の配当の後はすぐにプレイを止める

スロットで大きく勝った後は、スパッとプレイを止めましょう。解決策はそれしかありません。その後もプレイし続けると、せっかく稼いだ利益を大きく失ってしまうだけです。

【危険⁉】絶対にイカサマがないとは言い切れないボンズカジノのゲーム

既に解説した通りボンズカジノのゲームはRNGというランダムなプログラムで作動しているため、イカサマは起こり得ません。しかし原則に反して「イカサマが絶対に起こり得ない」とは断言し切れないゲームもあります。

「イカサマの不安なくボンズカジノでプレイしたい」という方は、以下で紹介する3種類のゲームを避けるのが無難です。

ゲーム名イカサマの懸念点
プライベートライブブラックジャックボンズカジノ限定
ライブブラックジャックプレイヤー側の内通者
ライブルーレットルーレットマシンに細工

ボンズカジノユーザー限定のプライベートライブブラックジャック

ボンズカジノユーザー限定のプライベートライブブラックジャック

ボンズカジノには、ボンズカジノユーザーしかアクセスできないEvolution Gamingのライブブラックジャックテーブルがあります。

開発元は業界最大手のEvolution Gamingなので過度な心配は不要かもしれませんが、「ボンズカジノ限定」という点を踏まえると何かイカサマのような細工が施されているかもしれません。

例えばディーラーのアップカードが毎回9以上で強すぎる、などのイカサマが考えられます。

全ユーザーが1つのハンドを扱う形式のライブブラックジャック(インフィニットブラックジャック・パワーブラックジャックなど)

すべてのユーザーが1つのハンドを共有するライブブラックジャック

すべてのユーザーが1つのハンドを共有するライブブラックジャックは、まず参加者がヒットやスタンドなどのアクションを選択します。そして全プレイヤーがスタンドを選択した時点で、今度はディーラーがカードを引くというルールです。

考えられるイカサマは、プレイヤー側にデッキのカードを知っている内通者がいることです。

内通者はディーラーのハンドがなるべく強くなるようにアクションを調整する可能性があります。実際に「インフィニットブラックジャック」では上記のようなイカサマが横行しているという口コミを見たこともありました。

ライブルーレット

イカサマの可能性が疑われているライブルーレット

ライブルーレットでは以下のようなイカサマの可能性が疑われています。

  • ディーラーが特定のナンバーを狙って結果をコントロールしている
  • ルーレット内部で磁力が働き、ボールを引き寄せている

筆者自身がライブルーレットをプレイしている時は特に違和感がないものの、一部のユーザーは「イカサマじみている」と感じることも多いようです。

実際にルーレットマシン内部のことまでは調べようがありません。したがってライブルーレットでのイカサマの可能性を否定しきれないのが現実です。

ただし実際に結果がコントロールされたからと言って、自分が不利益を被るとは限りません。むしろイカサマのおかげで自分は利益を受けられるという可能性もあります。

内通者がハンドをコントロールしている可能性がある

【安全!】イカサマが起こり得ないボンズカジノのゲーム

「絶対にイカサマの危険がないゲームを安心してプレイしたい」という方は、ボンズカジノで以下のようなゲームをプレイしてみてください。

ゲームイカサマが起きない理由
ライブメガボールナンバーの抽選にディーラーが介入できない
ライブバカラディーラーに一切裁量がない
マネーホイールディーラーはかなり力をこめてホイールを回している
ブックメーカー部門ボンズカジノの運営側が絶対に結果を操作できない

ライブメガボール

イカサマが起こり得ない「ライブメガボール」

*登録後にコード入力【hunter】

ライブメガボールはEvolution Gamingのライブビンゴゲームです。ナンバーの抽選はマシンを使って行われており、ディーラーによる操作はできません。

また単にイカサマがないだけではなく、超高額勝利金を期待できるというメリットもあります。

1つのカードで6ラインが成立すると1万倍配当、さらに21個目のナンバーに付帯するマルチプライヤーが絡むと最大100万倍配当を狙うことも可能です。小さい配当もこまめに得られるため、ボンズカジノではトップクラスに安心してプレイできるゲームと言えます。

ライブバカラ

イカサマが起こり得ない「ライブバカラ」

ライブバカラでは、ディーラーはルールに従ってPLAYER側とBANKER側にそれぞれカードを配布するのみです。ディーラー側に一切裁量権がないため、イカサマは絶対に起こり得ないと言えます。

時々結果が一方に偏ることもありますが、決してイカサマではありません。バカラはPLAYERかBANKERどちらが勝つかを予想するだけというシンプルさもあり、初心者でも安心してプレイできるのがメリットです。

マネーホイール

イカサマが起こり得ない「マネーホイール」

マネーホイールでもイカサマの心配はありません。ディーラーはかなり力をこめてホイールを回しているため、結果をコントロールしているということもほぼあり得ないでしょう。

『クレイジータイム』『モノポリーライブ』など、マネーホイールには非常にエンターテインメント性が高く面白いゲームもあります。安心感かつ楽しさを求めている方には、マネーホイールがおすすめです。

ブックメーカー部門での賭け

イカサマが起こり得ないブックメーカー部門での賭け

ブックメーカー部門での賭けは絶対にイカサマが起こり得ません。というのも、ボンズカジノの運営側が絶対に結果を操作することはできないためです。0%とは言えないものの、八百長が起こる危険性もほとんどないでしょう。

「RNGのおかげでイカサマはないと言うけど、そもそもRNG自体がイカサマなのでは?」と疑う人も、スポーツでの賭けならば絶対にイカサマが起こり得ないということが分かるはずです。

イカサマや詐欺を気にせずボンズカジノで稼げるプレイヤーになるために

ボンズカジノでイカサマや詐欺を疑うということは、そもそもゲームで負けてしまっているということです。ゲームで勝って利益を稼げていれば、イカサマを疑うことなどないでしょう。

そこでイカサマや詐欺を気にすることなく、ボンズカジノで稼げるようになるためのコツやポイントについて、詳しく解説します。

ボンズカジノで稼ぐコツ

失っても問題ない金額だけ入金する

ボンズカジノで稼ぐ最もおすすめの方法は無駄に入金しすぎないことです。特に痛くも痒くもない金額だけを入金しておけば、万が一負けても特段騒ぎ立てることはなくなります。

そもそもボンズカジノで大負けするのは「負けを取り戻そうとして無謀なベットをする」ということが大きな原因です。大きな金額を入金すると、その分損失も大きくなる可能性があり、損失回避の泥沼にハマりやすくなります。

勝った後の出金拒否(詐欺)対策としてアカウント認証を完全に済ませておく

ボンズカジノでは資金を出金する前にアカウント認証(本人確認手続き)が必要です。

8.13.4. 引き出し依頼の金額が$1,000(1,000米国ドル)あるいはそれ以上の場合、またはその他の目的でカジノ管理者が詐欺調査を行う場合、利用者の本人確認手続きが必要となるため、利用者はパスポート、本人確認書類(写真付きページ)としての身分証明書、または光熱費請求書のコピーもしくはデジタル写真を送付する必要があります。

引用元:ボンズカジノ利用規約

本人確認が完了するまでは基本的に出金できません。せっかく稼いでも本人確認が完了しておらず、審査が完了するまでプレイした結果、結局全資金を失うというパターンはよく見られます。

そして「ボンズカジノは出金させてくれない!詐欺だ!」などと騒ぐのです。しかしボンズカジノとしては第三者に送金する訳にはいかないため、本人確認審査はかなり厳格に行われます。ある程度長い時間を要してしまうのは当然のことです。

「出金できない」という面倒なトラブルに巻き込まれないために、なるべく早めに本人確認を済ませてき、いつでも出金可能な状態を整えておきましょう。なおボンズカジノの本人確認では、以下のような書類をアップロードする必要があります。

書類の種類書類の例
公的身分証明書運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど
現住所確認書類住民票・公共料金の請求書・クレジットカードの利用明細書など
決済方法確認書類入金に利用した銀行口座やクレジットカードの画像など

利益確定と損切りのラインを定めておく

ボンズカジノでダラダラと長くプレイしていれば、ほぼ100%負けます。したがってボンズカジノでプレイする際には利益確定ラインと損切りラインを事前にしっかりと設定しておくのがおすすめです。

しかし人間の脳の性質を踏まえると、特に損切りラインはなかなか守れません。したがって損切りラインを決めておくよりも、むしろ全額失っても痛くもかゆくもない金額分だけを入金しておく方がおすすめです。

プレイを止める際は必ずログアウトする

ボンズカジノでのプレイを止める際は必ずログアウトしておくのもおすすめです。

プレイを止める際は必ずログアウトする

というのも過去には別のオンラインカジノで、プレイをやめたはずなのに延々とライブルーレットでベットが続けられて、すべての資金がなくなっていたという事件もあったためです。

ログアウトしておけば、自分の意志に関係なくベットが続けられる心配はありません。また「やっぱりもう少し稼ぎたい」と思った時にも、「ログイン手続きが必要」というひと手間が抑止力になってくれます。

入金ボーナスやフリースピンは受け取らない

ボンズカジノの入金ボーナス

ボンズカジノと言えばお得な入金ボーナスや頻繁に進呈される入金フリースピンが大きな魅力です。しかしボーナスの出金条件はかなり厳しいため、受け取るべきではありません。

厳しい出金条件を消化するためには、かなり長い時間ボンズカジノでプレイする必要があります。長くプレイしていれば、資金を減らしてしまうのはほぼ確実です。そして結局入金額分とボーナス額をすべて失ってしまうというプレイヤーも多く存在します。

20倍や30倍という厳しい出金条件がボーナスに設定されているのは、運営側がなるべく出金させたくないという思惑を持っている証拠です。もちろん一気に軍資金を増やせるなどボーナスにはメリットもありますが、確実に稼ぎたいならば受け取らないようにしましょう。